ふくしま散歩

旅と散策の記録、ちょっとしたレビューとか

日帰りで新潟に行ってきた

2018年10月13日(土)

 

新潟は米つくってるイメージしかなかった。

そこで行ってみることにした。

 

6:40

郡山を出発。いつもに比べて相当早い出発時間だ。

郡山南ICから東北自動車道に入り郡山JCT磐越自動車道に。

一気に新潟へ向かう。

 

8:10

阿賀野川SAで一休み。ファミマで朝食。

f:id:snowcarex:20200515140614p:plain

新潟なかなかデカい

 

安田ICで高速を降りて北上。

 

9:00

新発田城に到着した。(しばたと読む)

城の前の広い原っぱで人と犬が遊んでいた。のどか。

f:id:snowcarex:20200515140717p:plain

新発田城 三階櫓 2004年再建

ここ新発田城は南側と西側の石垣と水堀が残っている。

f:id:snowcarex:20200515140736p:plain

二の丸隅櫓

 

一部の櫓は内部を見学できる。

隣に自衛隊の駐屯地があるので三階櫓の内部は非公開だ。

f:id:snowcarex:20200515140805p:plain

本丸表門 1732年築

表門から中にはいる。

f:id:snowcarex:20200515141242p:plain

遊歩道が整備されている

二の丸櫓の内部に入ってみた。

新発田城に残る一番古い構造物だ。

f:id:snowcarex:20200515140821p:plain

二の丸隅櫓 1668年築 移築されたもの

f:id:snowcarex:20200515140835p:plain

二階に登ってみた

ja.wikipedia.org

 

一通り見学したので新潟市に向かった。

 

10:00

朱鷺メッセ万代島ビルに到着。

ここは31階建、143mの本州日本海側で最も高いビルだ。

このビルの最上階はBefcoばかうけ展望室として公開されている。

f:id:snowcarex:20200515141315p:plain

眺めが良い

f:id:snowcarex:20200515141332p:plain

信濃川の河口

f:id:snowcarex:20200515141407p:plain

ほとんど人がいない。広々している。

f:id:snowcarex:20200515141347p:plain

新潟の銘菓

お土産ショップで限定ばかうけ、キーホルダーなど売っていた。

ボリンの小さなぬいぐるみを購入。

 

5階の県立万代島美術館でレオ・レオーニ展をやっていた。

友人たちは見に行っていた。

senbei-oukoku.jp

 

展望室から見えた海が綺麗だったので、海に向かう。

 

11:30

近くの小針浜に来た。

f:id:snowcarex:20200515141434p:plain

天気がいい!

初めて日本海の浜辺にきた。

ここで先日手に入れたばかりのドローンを飛ばしてみる。

f:id:snowcarex:20200515160057p:plain

DJI Mavic Air とびすけ号

さっそくいい感じの写真が撮れた。

すごい

f:id:snowcarex:20200515141501p:plain

海の上から

f:id:snowcarex:20200515141522p:plain

遠くに新潟市街地が見える

ドローンやるじゃん…
一眼レフじゃ撮れない風景が撮れてしまった。
高性能カメラ付きラジコンだ。撮ったり飛ばしたりしてしばらく楽しんだ。

www.dji.com

2020年4月に新型のMavic Air2が発売されたみたい。

 

 

13:00

弥彦神社にやってきた。

新潟県で一番有名な神社とのこと。

f:id:snowcarex:20200515141641p:plain

越後国一ノ宮

弥彦山御神体としている。

万葉集にも載っている古い神社。

f:id:snowcarex:20200515141706p:plain

社殿入口

弥彦神社には鹿がいる。神の使いとして飼われている。

f:id:snowcarex:20200515141726p:plain

餌やりのようす

この鹿たち、奈良の春日大社、東京の神田明神、静岡の三島大社の鹿の子孫たちだ。

鹿界のエリートである。

f:id:snowcarex:20200515141749p:plain

鹿

放し飼いではないが、比較的おおきな鹿苑でのびのびと暮らしている鹿たち。

f:id:snowcarex:20200515162250j:plain

鹿

面白い形の橋があった。

玉ノ橋といい、御手洗川にかかる神専用の橋とのこと。

f:id:snowcarex:20200515141855p:plain

いい雰囲気

f:id:snowcarex:20200515141921p:plain

物理的に渡れない形をしている

www.yahiko-jinjya.or.jp

 

先は長いので次に向かった。

 

13:50

グーグルマップで偶然みつけた廃駅にやってきた。

1999年4月に廃止になった新潟交通電車線の旧月潟駅だ。

かつての線路跡に車をとめる。

f:id:snowcarex:20200515142035p:plain

かぼちゃ電車

ホーム跡に当時使用されていた車両が展示されていた。

f:id:snowcarex:20200515142056p:plain

かぼちゃ色の客車

新潟ならではのラッセル車も!

f:id:snowcarex:20200515142120p:plain

雪に強いタイプ

f:id:snowcarex:20200515142140p:plain

大事にされているみたい

駅舎もそのまま保存されている。廃線好きにオススメ。

ja.wikipedia.org

 

15:00

長岡市に到着。

山本五十六記念館にやってきた。

 

ここで現地に住んでいた元サークル部員の友人と合流。

記念館では山本五十六長官ゆかりの品、ブーゲンビル島から回収された撃墜された一式陸攻の左翼部分などが展示されていた。

yamamoto-isoroku.com

記念館の近くにある山本五十六長官の生家に向かう。

 

15:25

山本記念公園に到着。

f:id:snowcarex:20200515142517p:plain

山本記念公園

山本五十六が生まれ育った高野家があった場所に整備され、園内には復元された生家と、山本五十六の胸像がある。

f:id:snowcarex:20200515142258p:plain

山本五十六の生家

1945年8月1日に米軍による長岡空襲で焼失したため復元された。

内部は勝手に見学できる。

f:id:snowcarex:20200515142319p:plain

玄関正面の部屋 

f:id:snowcarex:20200515142338p:plain

六畳間の和室

この奥の部屋にデカい56像が…!

f:id:snowcarex:20200515142356p:plain

公園内のブロンズ像作成時の石膏像

めちゃデカでびっくりした。

かなり急な階段を登って2階に上がる。

f:id:snowcarex:20200515142415p:plain

天井がかなり低い。屋根裏のような2階部分

山本五十六の勉強部屋。

ここで勉強して海軍兵学校に入校、やがて海軍大学校に進学した。

生家を出て、ブロンズ像を見にきた。

f:id:snowcarex:20200515142438p:plain

山本像

この像は、長官が戦死した1943年に12月8日に土浦海軍航空隊が作ったコンクリート製の全身像をもとにつくられたもの。

敗戦後に、米軍に破壊されないようコンクリート像を上下に分けて霞ヶ浦に沈めた。

1948年に偶然、上半身が発見され劣化が激しかったので型を取ってブロンズで作り直したもの。

下半身は2002年に旧基地内で台座の横の土中から発見された。

ja.wikipedia.org

 

 

15:40

すぐ近くの長岡駅前にきた。

長岡城本丸跡があるらしいのだが…

遺構らしきものは発見できず。

f:id:snowcarex:20200515142559p:plain

これしか残っていなかった

長岡花火の打ち上げ模型が展示されていた。

めちゃくちゃデカい。

f:id:snowcarex:20200515142616p:plain

打揚筒

f:id:snowcarex:20200515142924p:plain

デカ火焔土器

日本海に沈む夕日が見たいので柏崎に向かった。

 

17:00

鴎が鼻展望台(恋人岬)に到着。

日没は17:12。なんとか間に合った。

f:id:snowcarex:20200515143010p:plain

いいじゃん

またドローンを飛ばす。

f:id:snowcarex:20200515143041p:plain

かもめがはな

f:id:snowcarex:20200515143123p:plain

弁天岩

このロープ、登れるのか…?

f:id:snowcarex:20200515143157p:plain

夕焼け

新潟を堪能した。
暗くなってきた。せっかくなので長岡のおいしいラーメンを頂くために長岡に戻る。

 

 

19:00

長岡生姜醤油ラーメン たいち で夕食。

f:id:snowcarex:20200515143253p:plain

おいしい

お腹もいっぱいになったので、帰路につく。
ここからは全て下道。奥只見を越えて福島に戻る。

 

21:00

大白川駅で休憩。

 

21:40

田子倉湖にやってきた。

真っ暗、霧が濃くて何も見えない。

f:id:snowcarex:20200515143401p:plain

案内板

ここで魔が差した。

福島の市町村を制覇する計画を思い出してしまった。

わざわざ遠回りして昭和村に向かう。

 

22:30

冷湖の霊泉に到着。

ダート道を2.5kmほど進んだところにある湧き水。

このあたりはクマがよく出るらしく、大変ビビりながら湧き水を飲んだ。

うまい。

f:id:snowcarex:20200515143431p:plain

なんでこんな時間に…

f:id:snowcarex:20200515143447p:plain

案内板

これで残るは、古殿町、小野町の2つ…

福島制覇も近い。

会津、下郷を抜けて走り続ける。

疲れ過ぎて途中の記憶がほぼない。

 

 

1:20

やっと帰宅した。

1日で620km、なかなか走った。

 

f:id:snowcarex:20200515175928j:plain

ルート1

A 安田IC

B 新発田城

C ばかうけ展望室

D 小針浜

E 弥彦神社

F 旧月潟駅

 

f:id:snowcarex:20200515180104j:plain

ルート2

A 山本五十六記念館/生家/長岡駅

B 鴎が鼻

C ラーメンたいち

D 大白川駅

E 田子倉

F 冷湖の霊泉