ふくしま散歩

旅と散策の記録、ちょっとしたレビューとか

UFOふれあい館に行ってきた👽

2018年9月28日(金)

 

福島にはUFOが集まる山がある。

千貫森(せんがんもり)という462mの山だ。

あまり高くないがとても目立つ。

ここの麓に、市営の公共施設(!)であるUFOふれあい館と物産館がある。

ここで宇宙人に会えてUFOとふれあえるという噂を聞き、現地に遊びに行った。

f:id:snowcarex:20200507174452p:plain

千貫森

 

8:30

郡山を出発

 

10:00

千貫森公園の入口までやってきた。

すでにワクワクしている。なんだこの看板

f:id:snowcarex:20200507174518p:plain

入口の看板

ここから車で駐車場まで少し登る。

f:id:snowcarex:20200507174537p:plain

さっそく宇宙人が出迎えてくれた

もうすでに期待以上の雰囲気。

UFO物産館横の駐車場に到着。

 

福島市飯野UFOふれあい館に向かう。

f:id:snowcarex:20200507174554p:plain

インパクトしかない見た目

道を挟んだ向かい側にUFOふれあい館は鎮座していた。

これ公共施設だぜ。

 

f:id:snowcarex:20200507174620p:plain

受付の横にUFOこけし

入ってすぐに濃厚な空間が広がっていた。

怪しい!怪しすぎる!

f:id:snowcarex:20200507174607p:plain

宇宙人グッズが並ぶ

f:id:snowcarex:20200507174635p:plain

UFOや宇宙人の書籍、グッツが大量に並ぶ

受付を済ませ、左に進む。

怪しげな入口。

f:id:snowcarex:20200507174648p:plain

ミステリーゾーン

のれんをくぐると宇宙だった。

f:id:snowcarex:20200507174702p:plain

宇宙空間だ

最高の空間だ。

この時からもう自分も宇宙人だった。

f:id:snowcarex:20200507174717p:plain

宇宙都市 飯野町

謎のブザーが鳴りグレイタイプ宇宙人が現れる。

f:id:snowcarex:20200507174732p:plain

宇宙人登場

ミステリーゾーンを抜けると、展示ゾーン。
ここまでUFOに迫った博物館(?)もなかなかないだろう。

f:id:snowcarex:20200507174749p:plain

可愛い宇宙人が出迎えてくれる

f:id:snowcarex:20200507175007p:plain

充実したUFOに関する展示

f:id:snowcarex:20200507174804p:plain

UFO模型 回転する

f:id:snowcarex:20200507174820p:plain

UFOの構造

f:id:snowcarex:20200507174902p:plain

UFO目撃地

f:id:snowcarex:20200507174938p:plain

UFOの種類

f:id:snowcarex:20200507174921p:plain

反重力体験

中でもいちばんヤバい展示がコレだ。

UFOは確実にいる。

f:id:snowcarex:20200507174841p:plain

CIA秘密文書

ここに置いといていいのか…?

f:id:snowcarex:20200507174954p:plain

数々の宇宙人

一通り展示を見てから立体映像シアターを楽しむ。

3Dメガネをかけて飯野町とUFOの関係をしっかり学習した。

 

このUFOふれあい館、2階はお風呂と和室がある。

宇宙人と触れ合ったあとは、ここでゆっくりできる。

宇宙の間と銀河の間の2室あり、宇宙の間は予約なしで入れる。

お風呂は見学者ならそのまま入浴可能だ。

今回は風呂には入らなかった。

f:id:snowcarex:20200507175035p:plain

宇宙の間

あまりに広い和室にビビる。

ここは宇宙だ。

f:id:snowcarex:20200507175021p:plain

眺めがとても良い

左にるのがUFO物産館。ここのラーメンとカレーが異様に美味しいのだが、今回は食べなかった。

ふれあい館を出て千貫森のUFO道入口で宇宙人と遭遇した。

f:id:snowcarex:20200507175107p:plain

UFO道(ゆうふぉどう)

このまま登っていくと千貫森の山頂に行ける。

今回は時間の都合から、登山はパスした。

先は長い。

f:id:snowcarex:20200507175051p:plain

山頂まで様々な宇宙人に出会える。

UFOふれあい館は福島県内でも最高にお気に入りの場所だ。

2020年までに4回訪れている。

ぜひ行ってみてほしい。

ufonosato.com

 

ja.wikipedia.org

物産館でTシャツ2枚購入。次の目的地に向かった。

 

 

11:20

福島市民家園に到着。

江戸時代中期から明治中期の古民家や建物が移築保存されている。

主に県北部の民家を中心に、様々な建物が展示されている。

江戸東京たてもの園の福島版。

f:id:snowcarex:20200507175125p:plain

案内板

充実の展示、当時の民家の様子がよくわかる。

f:id:snowcarex:20200507175143p:plain

旧小野家

f:id:snowcarex:20200507175158p:plain

明治初期の養蚕農家

f:id:snowcarex:20200507175213p:plain

旧筧家宿店

f:id:snowcarex:20200507175228p:plain

江戸末期の宿屋

f:id:snowcarex:20200507175244p:plain

元客自軒 江戸後期

戊辰戦争のきっかけとなった世良修蔵の暗殺事件の舞台の宿。

f:id:snowcarex:20200507175654p:plain

旧広瀬座 1887年築の芝居小屋

f:id:snowcarex:20200507175727p:plain

f:id:snowcarex:20200507175742p:plain

旧阿部家 1700年代 後半築

 

f:id:snowcarex:20200507175800p:plain

f:id:snowcarex:20200507175814p:plain

f:id:snowcarex:20200507175828p:plain

1700年代後半の古民家

古道具も一緒に展示されていた。冬はめちゃくちゃ寒そう。

かなり見応えがある展示量だった。

時間があれば半日くらいゆっくりできる。

おすすめ。

minka-en.com

 

12:40

飯坂温泉までやってきた。

新十綱橋付近の駐車場に車をとめる。

f:id:snowcarex:20200507175852p:plain

新十綱橋より摺上川下流方面

旧堀切邸という江戸時代の豪商の邸宅が改装されて無料公開されている。

f:id:snowcarex:20200507175919p:plain

旧堀切邸 入口

当時の半分ほどの面積らしいが今でもかなり広い。

f:id:snowcarex:20200507175906p:plain

案内板

門をくぐり左手に主屋がある。

f:id:snowcarex:20200507175933p:plain

主屋の入口

見学は横の入口から。

f:id:snowcarex:20200507180005p:plain

内部

f:id:snowcarex:20200507180018p:plain

無数に和室がある

裏には蔵がありミニ資料館になっていた。

f:id:snowcarex:20200507180031p:plain

主屋の入口 天井のカーブが珍しい?

f:id:snowcarex:20200507175949p:plain

f:id:snowcarex:20200507180058p:plain

十間蔵 1775年築 福島県最古、最大の蔵

 

源泉掛け流しの足湯がある。なんとタオルも貸してくれる。

f:id:snowcarex:20200507180045p:plain

足湯

足湯の良さを知った。

まだこの時は温泉は苦手だったのだ。

 

ja.wikipedia.org

 

くつろいだあと、七ヶ宿ダムに向かう。

 

13:35

昼食を摂っていなかったので近くにあったミニストップでおにぎりをたべる。

駐車場からなにやら古そうな建物が見えたので寄り道。

どうみても明治建築。なんだろう。

f:id:snowcarex:20200507180113p:plain

なんだここは!

門柱には旧伊達郡役所と書かれていた。

1883年竣工の擬洋風建築。

この時は閉まっていたが内部は資料館になっているらしい。

f:id:snowcarex:20200507180128p:plain

敷地内で芭蕉に遭遇

いく先々で松尾芭蕉に遭遇する。今回は予想外だった。

ja.wikipedia.org

 

お腹もいっぱいになったので七ヶ宿ダムに向かった。

f:id:snowcarex:20200507180143p:plain

国見町が一望できる

途中の山道からの眺めがとても良かった。

 

14:00

山道を進む。

宮城県に入った直後、道沿いに大量の鳥居が突然現れた。

思わず寄り道した。

f:id:snowcarex:20200507180200p:plain

満蔵稲荷神社

10分ほど鳥居を潜り続けると本殿についた。

f:id:snowcarex:20200507180230p:plain

雰囲気抜群

非日常感ある山奥の稲荷神社だった。

ja.wikipedia.org

 

14:30

ついでに近くにある飛不動尊に立ち寄った。

伊達政宗が1591年に創建した堂が火災に遭った際、御本尊が自ら飛び出して災厄を避けたという言い伝えがある。

f:id:snowcarex:20200507180247p:plain

飛不動堂

クマが出そうな雰囲気。もちろん誰もいない。

スズメバチに遭遇してすごい勢いで車に戻った。

f:id:snowcarex:20200507180304p:plain

案内板

 

14:45

七ヶ宿ダム下流にある材木岩公園に到着。

ここは江戸時代に奥羽13名の大名が参勤交代の際に使用した山中七ヶ宿通の検断屋敷が移築復元されている。

f:id:snowcarex:20200507180355p:plain

旧検断屋敷

右手に小原の材木岩が見える。

f:id:snowcarex:20200507180324p:plain

デイサイトの柱状節理

f:id:snowcarex:20200507180341p:plain

高さ100mほど 大迫力

付近には風穴を利用した天然の冷蔵庫がある。

材木岩氷室と呼ばれ絹糸などの保存に使用されていた。

現在でも中に入れる。めちゃくちゃ涼しかった。

f:id:snowcarex:20200507200920p:plain

氷室

15:00

やっと七ヶ宿ダムに到着。

f:id:snowcarex:20200507180410p:plain

デカい噴水

これ以上は接近できなかった。

ja.wikipedia.org

 

 

国道113号を通り白石市に向かう。

 

15:30

世良修蔵の墓に到着。場所が分かり辛い。駐車場もない…

小学校の裏手の藪に車をとめた。

f:id:snowcarex:20200507180427p:plain

暗殺された奥羽鎮撫総督府下参謀

f:id:snowcarex:20200507180458p:plain

木戸孝允の献燈

 

f:id:snowcarex:20200507180515p:plain

墓石

福島稲荷神社の石碑と比べてほとんど手入れされていない様子。


f:id:snowcarex:20200507180441p:plain

白石城が見える

ja.wikipedia.org

 

15:50

白石城にやってきた。

仙台藩の伊達側近、片倉氏の城。

仙台藩一国一城令の例外として仙台城白石城の2つの城を持った。

戊辰戦争の際、白石列藩会議が開かれ、奥羽越列藩同盟の結成に繋がった。

f:id:snowcarex:20200507180533p:plain

厩口門跡

f:id:snowcarex:20200507180549p:plain

城跡にある神明社

木造で復元された天守閣。

大きい。

f:id:snowcarex:20200507180604p:plain

復元された三階櫓

f:id:snowcarex:20200507180619p:plain

大手二ノ御門 1995年復元

f:id:snowcarex:20200507180712p:plain

三階櫓

内部を見学できる。1階、2階は鎧兜や史料が展示されていた。

f:id:snowcarex:20200507180632p:plain

三階部分

f:id:snowcarex:20200507180658p:plain

眺めが良い

日が暮れてしまうので急ぎ気味で見学した。

ja.wikipedia.org

 

17:00

福島県に戻り、霊山神社に到着。

南北朝時代南朝に従った北畠家を祀っている。

北畠家の支城があった場所に1881年、神社が創建された。

霊山城は霊山山頂付近にあったらしい。

f:id:snowcarex:20200507180740p:plain

北畠顕家

車で急な山道を進み砂利駐車場にとめる。

f:id:snowcarex:20200507180812p:plain

境内

かなり高い場所に境内があるので、車で登らないとキツい。

f:id:snowcarex:20200507180756p:plain

徒歩ならここを登る

f:id:snowcarex:20200507180826p:plain

本殿

やはり誰もいない。おごそかな雰囲気。


境内をぐるっとまわり、下山。

f:id:snowcarex:20200507180842p:plain

徒歩ならここから登る

ja.wikipedia.org

 

そろそろ日が暮れる。

初めて訪れた伊達市の夕焼けはとても綺麗だった。

f:id:snowcarex:20200507180856p:plain

夕焼け

 

17:45

道の駅 伊達の郷 りょうぜんに立ち寄る。

この道の駅はお気に入り。

f:id:snowcarex:20200507180912p:plain

桃をそのまま固めたアイス

 

19:00

自家製麺くをんで夕食。

福島市で一番美味しい。西友の駐車場なら無料で駐車できる。

いつもは行列ができているが、この日は並ばず入店。

f:id:snowcarex:20200507180929p:plain

入口

f:id:snowcarex:20200507180950p:plain

つけめん中 800g

中サイズで800gある。大は1kgだ。

暴力的な塩分濃度のスープ。うどんより太い麺。最高のうまさ。

一瞬で食べ終わった。

 

 

20:10

信夫山の鳥ヶ崎展望デッキに向かった。

福島市で1番の夜景が楽しめる場所だ。

途中まで車で登り、あとは軽めの登山道。

初見で夜に訪れると街灯がないのでキツい。

f:id:snowcarex:20200507181151p:plain

肉眼だと夜景のパノラマが圧巻

遠くの山の中腹に高湯温泉の明かりも見える。

f:id:snowcarex:20200507181208p:plain

駅前

f:id:snowcarex:20200507181225p:plain

一度は行ってみてほしい

おすすめ。
信夫山は展望台が複数あり、昼でも夜でも楽しめる。

金山跡を利用した地下壕もある。

ja.wikipedia.org

 

福島周辺を巡り尽くしたので郡山に戻る。

 

22:30

北畠家の城と夜景つながりで宇津峰山に寄り道。

一応夜景は見えたものの、市街地から遠く、信夫山よりしょぼい。

 

23:00

ヘトヘトで帰宅した。

302km走った。 

f:id:snowcarex:20200507212157j:plain

ルート

A UFOふれあい館

B 福島市民家園

C 飯坂温泉 / 旧堀切邸

D 旧伊達郡役所

E 満蔵稲荷神社

F 材木岩 / 七ヶ宿ダム

G 白石城

H 霊山神社

I 道の駅 りょうぜん

J 自家製麺くをん

 

f:id:snowcarex:20200507212713j:plain

ルート

A 信夫山

B 宇津峰山