ふくしま散歩

旅と散策の記録、ちょっとしたレビューとか

即身仏に会ってきた

2018年9月13日(木)

 

浅川町に福島県内唯一の即身仏がいると聞き、早速拝みに行った。

 

10:30

暇そうな友人を巻き添えに郡山を出発した。

 

11:30

浅川町の金久山 貫秀寺に到着。

 

f:id:snowcarex:20200415205136p:plain

貫秀寺 薬師堂

誰もいない…

境内をウロウロしていると、奥に箒を持った人を発見。

見学したい旨を伝えた。

しばらく待つと鍵のかかった薬師堂の扉が開かれた。

f:id:snowcarex:20200415205144p:plain

真正面に宥貞さんが座っていた。

1683年12月8日、92歳の宥貞さんは流行病に苦しむ村民たちの治癒を祈願し入定し即身仏となった。

1591年島根に生まれ、23歳、香川で出家。27歳から諸国行脚し出羽湯殿山高野山で修行した。

1631年、江戸深川永代寺の住職となった。行脚を続け3寺の住職を務めた。

1661年、浅川町にあった東永山観音寺の住職となる。

 

f:id:snowcarex:20200415205200p:plain

即身仏になるために使用された石棺、上に置かれた薬師如来

 

即身仏真言宗東永山観音寺に保存されていた。

1889年の大火で寺が消失し廃寺になったため、曹洞宗貫秀寺が引き取った。

おそらく写真撮影可能なのは宗派が異なり預かっている状態だからではないか。

かなり状態が良い。

f:id:snowcarex:20200415205151p:plain

薬師堂の天井

 

薬師堂内部はとても綺麗に管理されており、案内パネルも充実。

30分ほど滞在し棚倉に向かった。

 

(2019年 上野の国立科学博物館で開催されたミイラ展で宥貞さんに1年ぶりにお会いした。この時は撮影不可となっていた。)  

即身成仏 - Wikipedia

 

12:05

棚倉町の長久寺に到着。

棚倉城の二の丸南門が移築され保存されている。

f:id:snowcarex:20200415205225p:plain

言われないとわからない

あまりにも馴染みすぎていた。

 

12:15

棚倉城跡にやってきた。

f:id:snowcarex:20200415205243p:plain

こじんまりとした城跡だ。

棚倉城は1625年に丹羽長重が築城した。白河小峰城も彼が作った。

棚倉藩は奥羽越列藩同盟に加盟しており旧幕府軍側だった。

1868年6月24日、戊辰戦争板垣退助の率いる新政府軍800名が攻め込み、1日で陥落した。会津に新政府軍が攻め込む3ヶ月ほど前だ。

 

f:id:snowcarex:20200415205250p:plain

本丸跡は広場になっていた

城をぐるっと一周眺め、駐車場に戻った。

ja.wikipedia.org

 

12:40

八槻都々古別神社に到着。

福島県には一ノ宮神社が3社あり、そのうちの1社。

八槻は中社。近くにある馬場八槻都々古別神社は上社。

f:id:snowcarex:20200415205259p:plain

正面から

f:id:snowcarex:20200415205312p:plain

立派な門

f:id:snowcarex:20200415205322p:plain

門の正面にタコ

f:id:snowcarex:20200415205334p:plain

本殿

とても静かな境内。空気が美味しい。

ja.wikipedia.org


 

12:55

棚倉町内にある山本不動尊にやってきた。

棚倉出身者からおすすめされた寺だ。

f:id:snowcarex:20200415205354p:plain

入口からこの景色

最初から雰囲気抜群だ。一瞬で浄化されそうな空気。

f:id:snowcarex:20200415205403p:plain

橋を渡ると本堂

本堂の左奥から、御本尊が安置された霊場が望める。

緑に囲まれた急な石段の上に洞窟がある。

f:id:snowcarex:20200415205414p:plain

御本尊への階段

本堂から少し階段を降り、橋を渡る。

f:id:snowcarex:20200415205422p:plain

雰囲気がとにかく抜群

f:id:snowcarex:20200415205437p:plain

かなり急な石段 落ちたら死ぬ

手すりを使いながら130段の石段をゆっくり登った。

f:id:snowcarex:20200415205444p:plain

御本尊のある洞窟

崩落防止のため強固なアンカーが何本も打たれていた。

開祖弘法大師の像がある。

一休みして、駐車場に戻った。

f:id:snowcarex:20200415205452p:plain

紅葉の時期は人が大勢訪れる

茨城にデカい滝があるのを知り、そのまま見に行った。

www.yamamotofudouson.or.jp

 

 

14:20

袋田の滝に到着。

駐車場から少し歩き吊り橋を渡って展望台に行く。

f:id:snowcarex:20200415205515p:plain

観瀑台の入口より

f:id:snowcarex:20200415205506p:plain

無料だと袋田の滝の下部しか見えない

袋田の滝トンネルを通り第1観瀑台に向かう

f:id:snowcarex:20200415205537p:plain

トンネルがバチバチに良いアジだ

f:id:snowcarex:20200415205606p:plain

第1観瀑台より

滝が大きすぎて、ここでも全体が見えない。

新設された第2観瀑台に向かった。

f:id:snowcarex:20200416195610p:plain

第2観瀑台より

こんどは下部が見えない。

かなり大きな滝だ。サイズも見た目もオバケだ。

f:id:snowcarex:20200415205619p:plain

お化けみたいな滝

冬季は凍結して氷河のようになるらしい。

ja.wikipedia.org

 

せっかくなので茨城県内最高峰の山に車で登りに行った。

急カーブが続く山道をひたすら登った。

台風の影響か枝がたくさん落ちていた。

八溝山公園線使用。

f:id:snowcarex:20200415205632p:plain

タマゴタケ

途中のヘアピンカーブで怪しいキノコを発見。

思わず撮ってしまった。

あとで調べたら無毒で焼いて食べるとおいしいとのこと。

 

16:00

八溝山 日輪寺に到着。

f:id:snowcarex:20200415205647p:plain

地蔵がたくさん

f:id:snowcarex:20200415205655p:plain

アクセスが大変な寺

境内で一休み。

山頂に向かった。

ja.wikipedia.org

 

16:20

八溝山山頂に到着。ここまで車で来れる。

f:id:snowcarex:20200415205719p:plain

神がかったケルン

霧が濃く何も見えない。

f:id:snowcarex:20200415205702p:plain

水戸天狗党が立て篭もった八溝嶺神社

展望台からも濃霧で何も見えない。

f:id:snowcarex:20200415205710p:plain

廃墟風の展望台

駐車した場所のそばで不思議な木を見つけた。

これはなんだろうか…

f:id:snowcarex:20200415205728p:plain

不思議な植生

ja.wikipedia.org

 

八溝山線を抜け一旦、棚倉に戻り白河に向かう。

この福島県道377号線、狭く待避所もほとんどない。しかも未舗装区間が2.1kmある。

f:id:snowcarex:20200415205736p:plain

警笛ならせ

f:id:snowcarex:20200415205744p:plain

ダートはワクワクする

17:30

やっと白河の関に到着した。

f:id:snowcarex:20200415205852p:plain

ヌシが住んでそうな重苦しい見た目

木が鬱蒼と生い茂り薄暗い。

そのまま登っていくと白河神社の社殿がある。

f:id:snowcarex:20200415211403p:plain

白河神社

近くに松尾芭蕉曾良の像が設置されている。

土塁や空堀の跡も残っており、大和朝廷蝦夷侵略拠点になっていた様子が伺える。

白河の関は2つある。

こちらの関は大和朝廷の砦跡で、江戸時代の関所ではなかった。

もう一つの関は、西側4kmほどの場所、国道294号上にある。

白河二所関といい、江戸時代に奥州街道の関所として設けられたものだ。

こちらが江戸時代の関東と東北の境目だった。現在でも栃木と福島の県境だ。

 

ja.wikipedia.org

 

18:00

戊辰戦争白河の戦いの激戦地の一つ、白河市内の女石にきた。

f:id:snowcarex:20200415205916p:plain

遊女 志げの墓

ここには遊女志げの墓がある。

白河の旅籠坂田屋に抱えられていた遊女だ。

長州藩世良修蔵が白河に入った際に馴染みになったという。

1868年5月末、白河は危険と察し、世良は福島城に向かった。

志げは、この脱出を手助けしたと疑われ会津藩士に殺害された。享年22歳。

志げが殺されたと知った坂田屋の下男は会津藩士を追って女石にて仇を討ったとのこと。

 

世良修蔵奥羽越列藩同盟 奥羽鎮撫総督府下参謀として派遣された。

東北を煽り倒し、東北地方を戊辰戦争に巻き込んだ張本人とされている。

結局6月10日未明、福島市の金澤屋で就寝中に仙台藩福島藩士ら25人に襲われ捕縛。阿武隈川で斬首された。

ja.wikipedia.org

 

18:30

麺屋 大須賀 白河店に到着。

初めてつけ麺を食べる。

ともらーめんの方が好みだ。

f:id:snowcarex:20200416210106p:plain

つけ麺

 

20:20

ヘトヘトで帰宅した。

 

f:id:snowcarex:20200416212736j:plain

ルート1

A 金久山 貫秀寺

B 長久寺

C 棚倉城

D 八槻都々古別神社

E 山本不動尊

F 袋田の滝

G 八溝山山頂

 

f:id:snowcarex:20200416212957j:plain

ルート2

A –

B 白河の関/白河神社

C 遊女志げの墓

D 麺屋 大須賀 白河店