ふくしま散歩

旅と散策の記録、ちょっとしたレビューとか

突発、お化けペンション行ってきた

2018年4月9日(月)

 

猪苗代には有名な廃墟がある。

翁島ペンション 通称 お化けペンションだ。

オバペンいかねか?

ん、いぐか。

くらいの軽いノリでさっそくオバペンに向かった。

 

翁島駅の近く、南側にオバペンは存在する。

野口英世ん家のそばだ。

 

道沿いからそのまま目の前まで車で乗り付ける。

転回スペースもあり安心。

 

17:20

到着

f:id:snowcarex:20200415150120p:plain

これがオバペンだ

見るからにオバケが好きそうな見た目をしている。

わくわくしてきた。

f:id:snowcarex:20200415150128p:plain

正面から入館

山に行けるタイプの強い靴で行くのをオススメする。

f:id:snowcarex:20200415150158p:plain

真正面にはレンガ作りの広場。

暖炉が置かれている。

当時はどんなだったのだろうか。

f:id:snowcarex:20200415150207p:plain

暖炉の左側の階段は崩落

サビと雪の重さで折れたのだろうか

暖炉右側の階段は健在

f:id:snowcarex:20200415150217p:plain

途中、穴が空いてるがまだまだ折れなさそう

登ってみた。

f:id:snowcarex:20200415150225p:plain

いわゆる雑誌やブログで見る廃墟だ。

正面は綺麗に?残っているが他は壁が消滅。

開放感がある。もはや建物ではなく森の一部になっていた。

f:id:snowcarex:20200415150239p:plain

2階からの景色

廃墟で怖いのはオバケじゃない。

腐った床と鋭利な廃材、野生動物、廃墟の住民、そして消化器だ。

f:id:snowcarex:20200415150415p:plain

風通しの良い開放感のあるペンション

宿泊には適さないが散策にはちょうどいい。

f:id:snowcarex:20200415150429p:plain

パチ台が散乱

規模も小さく、藪漕ぎも不要。

雪がなく虫のいない春前くらいがベストシーズンだろう。

 

17:50

一通り見終わったので帰宅した。

 

f:id:snowcarex:20200416213756j:plain

オバペン