ふくしま散歩

旅と散策の記録、ちょっとしたレビューとか

あぶくま洞

2017年9月15日(金)

 

11:30

突発で十六橋にまたやってきた。

f:id:snowcarex:20200413223416p:plain

橋と水門

14:30

昼を挟んで暇な俺たちはあぶくま洞にやってきた。

1969年に発見された本洞窟は、カルスト台地が広がる阿武隈高地に位置し周囲にもいくつか鍾乳洞がある。総延長3300mほど、そのうち見学できるのは600m程度だ。追加料金を払うと720mまで見学可能だ。

 

f:id:snowcarex:20200413223048p:plain

田村市が一望できる

f:id:snowcarex:20200413223105p:plain

入口前の迫力

入場料を払い洞窟内に入る。

涼しい。むしろ寒い。

洞窟内は狭くて滑るが気をつけて歩けば問題ない。

f:id:snowcarex:20200413223211p:plain

いわゆる鍾乳洞

f:id:snowcarex:20200413223240p:plain

ライトアップされている

f:id:snowcarex:20200413223256p:plain

f:id:snowcarex:20200413223304p:plain

トゲトゲ

写真を撮っていて感じたのが、鍾乳石に名前をつけたプレートが絶妙な位置に設置されていて映らないように撮るのが難しい。

f:id:snowcarex:20200413223313p:plain

f:id:snowcarex:20200413223339p:plain

奥にはかなり広い空間

f:id:snowcarex:20200413223330p:plain

f:id:snowcarex:20200413223358p:plain

ライトアップされて怪しい雰囲気に

写真だと天然の鍾乳洞の大迫力を感じにくい。

上に乗せた写真だと人工物を映さないように意識して撮ったが、実際はこのようにめちゃくちゃに整備されている。

f:id:snowcarex:20200413223348p:plain

観光地化されすぎている気もする

 

歩きやすい反面、ちょっと拍子抜けするような…

近くにある入水鍾乳洞をおすすめする。

 

15:10

それでもトータル40分ほど潜っていた。

見応えは十分にある。

f:id:snowcarex:20200413223407p:plain

出口の岩肌

出口には日本庭園?があった。

夏場の暑い時期に涼むのにぴったりの場所だ。

連休中などの混雑時は内部撮影が不可になるらしい。

ja.wikipedia.org