ふくしま散歩

旅と散策の記録、ちょっとしたレビューとか

二本松〜猪苗代 戊辰戦争遺古戦場めぐり


2017年7月17日(月)

車を手に入れて2ヶ月くらい、午後から二本松〜猪苗代の散策をしてきました。

友人A、T、Kを巻き添えに。

 

15:50

まずは二本松城南側の大壇口古戦場にやってきた。

車を止める場所が微妙にわかりずらかった。

この碑はバイパス建設のため本来の場所から移設されていたはず…

 

戊辰戦争の際、迫り来る新政府軍に対し、それを食い止めるべく二本松藩は白河、郡山を含む周辺地域に藩士たちを派遣していた。本宮が新政府軍に占領され、郡山に居た二本松藩士たちは二本松に帰る道を分断されていた。そのため二本松城周辺には戦える大人たちが不足していた。

いよいよ二本松に新政府軍が攻め込もうとする直前、圧倒的な人手不足から急遽、出陣を志願した13〜17歳の少年が各部隊に配属された。二本松少年隊として知られてる。

1868年9月15日、大壇口にて北進してきた新政府軍と衝突。

隊長、木村銃太郎を含む二本松少年隊。隊長はここで戦死、また少年隊を援護して壮烈な戦死をとげた青山助之丞山岡栄治の2勇士の奮戦の地。

f:id:snowcarex:20200413165232p:plain

大壇口古戦場跡 二本松城が陥落した際の激戦地

www.nihonmatsu-kanko.jp

 

確かに大壇口は2つの小さな山に挟まれた谷のような場所で、ここを突破されたら城まですぐというような場所だった。開発が進んでかろうじてわかる程度。 

f:id:snowcarex:20200413194746p:plain

案内板

16:10

二本松城 通称 霞ヶ城 に到着

門の前には千人溜といわれる広場があった。そこに二本松少年隊の像

復元された立派な箕輪門がある。

駐車場は大きい。

f:id:snowcarex:20200413194813p:plain

二本松城

このまま本丸まで登るのはしんどい。

車で登城した。

本丸すぐ手前に砂利駐車場があるが、道が狭くすれ違いも不可。

前から車は来ないかもしれない運転で、進む。

 

f:id:snowcarex:20200413194831p:plain

丁寧に復元された本丸の石垣

f:id:snowcarex:20200413195450p:plain

眺め抜群!

 

ja.wikipedia.org

 

一通り見た後、新政府軍の侵攻ルートをたどり本宮から会津街道に入り母成峠に向かった。

途中、石筵という場所を通る。戊辰戦争の時代、新政府軍が攻めてくる前に会津藩士がこの村を焼き払ったため、住民たちはこれを恨んでいた。この恨みから新政府軍に母成峠の道案内して、会津への侵攻が早まったらしい。

 

母成峠は走っていて最高に楽しい。地元の走り屋たちのタイヤ痕だらけなのも納得。

しばらく登っていき頂上付近に、母成峠古戦場の碑がある。

廃道と駐車場があり、そこに車を止め古戦場を散策できる。しかも、廃道と土塁がセットで楽しめる。よくばりセットだ。

 

17:40 到着

f:id:snowcarex:20200413195955p:plain

有名人だらけの石碑 眺めは微妙

f:id:snowcarex:20200413195519p:plain

案内板が妙に詳しい

写真だとわかりづらいが、かなりくっきりと土塁(塹壕)の跡が残っている。

道路開発で開削され断面がわかりやすい。 

1868年10月6日午前9時ごろに濃霧の中、砲撃戦開始。

午後4時過ぎには決着がついた。2日後の朝には40km先の若松城下に、新政府軍が押し寄せる。

f:id:snowcarex:20200413195540j:plain

150年前は木も無かったはず

f:id:snowcarex:20200413180519j:plain

旧道で削られた土塁の断面

f:id:snowcarex:20200413195624p:plain

お手軽に廃道も楽しめる

母成峠を越え、中丿澤温泉を通過、猪苗代も通過、日橋川にかかる十六橋に向かった。

中丿澤温泉は1年半後に入ることになる、強酸性のバチバチ温泉だ。

ja.wikipedia.org

母成峠は2年間で13回行った。やはりここを通るのは楽しい。

 

18:40

十六橋に到着

 

猪苗代湖から流れ出る唯一の川、日橋川にかかる橋。

母成峠の戦いのあと、ものすごい勢いで新政府軍は進撃し、猪苗代も新政府軍に落ちた、会津藩士は足止めのため、この橋を壊そうとした。しかしなかなか頑丈で破壊が間に合わなかった。その後、新政府軍は戸ノ口原、強清水と進む。白虎隊が飯盛山で自害する前日のことである。 戊辰戦争時の十六橋は2代目(1786年竣工)。

f:id:snowcarex:20200413194600p:plain

5代目の十六橋 1928年竣工

これが今の十六橋。ポールが立っているが軽自動車ならすり抜けられる。

郡山の米収穫量を10倍に増やし水力発電によって産業化を進めたファンドールン監修、安積疏水のスタート地点でもある。

1880年竣工、1914年電動式ストニーゲートに改築

f:id:snowcarex:20200413194438p:plain

十六橋水門

近くに有栖川宮熾仁親王の植えた松と旧橋の柱があった。

よく見るとファンドールン先生の銅像の足の色が違う。

これは第二次大戦中の金属供出で溶かされそうになった際、地元の方が地中に埋めて隠したときに折れた跡らしい。

f:id:snowcarex:20200413194331p:plain

左岸の広場

 

ja.wikipedia.org

18:55

左岸広場から狭い旧道を通り、国道49号をそのまま横断。

すこし行ったところに戸ノ口原古戦場跡と供養塚がある。

お参りすると赤子の夜泣きが止むという夜泣き石もセットで。

f:id:snowcarex:20200413200853p:plain

丁寧な解説付き

f:id:snowcarex:20200413201229p:plain

キッズの靴たくさん

 

f:id:snowcarex:20200413201427p:plain

白虎隊もここで戦ったらしい

f:id:snowcarex:20200413201726p:plain

会津藩士の墓 日付が全部同じ

f:id:snowcarex:20200413201917p:plain

白虎隊が自害する前日に野営した場所

暗くなってきたのでこの日はこれで散策を終了。

 

20:43 着丼

大須賀ラーメンを食べ帰宅した。

f:id:snowcarex:20200413202157p:plain

大須賀 朝日店(閉店) ともらーめん 

これがたまらなくうまいんだな…

 

f:id:snowcarex:20200413203514j:plain

今回のルート

A 大壇口古戦場

B 会津街道入口

C 母成峠古戦場

D 十六橋

E 戸ノ口原古戦場

F大須賀 朝日店