ふくしま散歩

旅と散策の記録、ちょっとしたレビューとか

日帰りで新潟に行ってきた

2018年10月13日(土)

 

新潟は米つくってるイメージしかなかった。

そこで行ってみることにした。

 

6:40

郡山を出発。いつもに比べて相当早い出発時間だ。

郡山南ICから東北自動車道に入り郡山JCT磐越自動車道に。

一気に新潟へ向かう。

 

8:10

阿賀野川SAで一休み。ファミマで朝食。

f:id:snowcarex:20200515140614p:plain

新潟なかなかデカい

 

安田ICで高速を降りて北上。

 

9:00

新発田城に到着した。(しばたと読む)

城の前の広い原っぱで人と犬が遊んでいた。のどか。

f:id:snowcarex:20200515140717p:plain

新発田城 三階櫓 2004年再建

ここ新発田城は南側と西側の石垣と水堀が残っている。

f:id:snowcarex:20200515140736p:plain

二の丸隅櫓

 

一部の櫓は内部を見学できる。

隣に自衛隊の駐屯地があるので三階櫓の内部は非公開だ。

f:id:snowcarex:20200515140805p:plain

本丸表門 1732年築

表門から中にはいる。

f:id:snowcarex:20200515141242p:plain

遊歩道が整備されている

二の丸櫓の内部に入ってみた。

新発田城に残る一番古い構造物だ。

f:id:snowcarex:20200515140821p:plain

二の丸隅櫓 1668年築 移築されたもの

f:id:snowcarex:20200515140835p:plain

二階に登ってみた

ja.wikipedia.org

 

一通り見学したので新潟市に向かった。

 

10:00

朱鷺メッセ万代島ビルに到着。

ここは31階建、143mの本州日本海側で最も高いビルだ。

このビルの最上階はBefcoばかうけ展望室として公開されている。

f:id:snowcarex:20200515141315p:plain

眺めが良い

f:id:snowcarex:20200515141332p:plain

信濃川の河口

f:id:snowcarex:20200515141407p:plain

ほとんど人がいない。広々している。

f:id:snowcarex:20200515141347p:plain

新潟の銘菓

お土産ショップで限定ばかうけ、キーホルダーなど売っていた。

ボリンの小さなぬいぐるみを購入。

 

5階の県立万代島美術館でレオ・レオーニ展をやっていた。

友人たちは見に行っていた。

senbei-oukoku.jp

 

展望室から見えた海が綺麗だったので、海に向かう。

 

11:30

近くの小針浜に来た。

f:id:snowcarex:20200515141434p:plain

天気がいい!

初めて日本海の浜辺にきた。

ここで先日手に入れたばかりのドローンを飛ばしてみる。

f:id:snowcarex:20200515160057p:plain

DJI Mavic Air とびすけ号

さっそくいい感じの写真が撮れた。

すごい

f:id:snowcarex:20200515141501p:plain

海の上から

f:id:snowcarex:20200515141522p:plain

遠くに新潟市街地が見える

ドローンやるじゃん…
一眼レフじゃ撮れない風景が撮れてしまった。
高性能カメラ付きラジコンだ。撮ったり飛ばしたりしてしばらく楽しんだ。

www.dji.com

2020年4月に新型のMavic Air2が発売されたみたい。

 

 

13:00

弥彦神社にやってきた。

新潟県で一番有名な神社とのこと。

f:id:snowcarex:20200515141641p:plain

越後国一ノ宮

弥彦山御神体としている。

万葉集にも載っている古い神社。

f:id:snowcarex:20200515141706p:plain

社殿入口

弥彦神社には鹿がいる。神の使いとして飼われている。

f:id:snowcarex:20200515141726p:plain

餌やりのようす

この鹿たち、奈良の春日大社、東京の神田明神、静岡の三島大社の鹿の子孫たちだ。

鹿界のエリートである。

f:id:snowcarex:20200515141749p:plain

鹿

放し飼いではないが、比較的おおきな鹿苑でのびのびと暮らしている鹿たち。

f:id:snowcarex:20200515162250j:plain

鹿

面白い形の橋があった。

玉ノ橋といい、御手洗川にかかる神専用の橋とのこと。

f:id:snowcarex:20200515141855p:plain

いい雰囲気

f:id:snowcarex:20200515141921p:plain

物理的に渡れない形をしている

www.yahiko-jinjya.or.jp

 

先は長いので次に向かった。

 

13:50

グーグルマップで偶然みつけた廃駅にやってきた。

1999年4月に廃止になった新潟交通電車線の旧月潟駅だ。

かつての線路跡に車をとめる。

f:id:snowcarex:20200515142035p:plain

かぼちゃ電車

ホーム跡に当時使用されていた車両が展示されていた。

f:id:snowcarex:20200515142056p:plain

かぼちゃ色の客車

新潟ならではのラッセル車も!

f:id:snowcarex:20200515142120p:plain

雪に強いタイプ

f:id:snowcarex:20200515142140p:plain

大事にされているみたい

駅舎もそのまま保存されている。廃線好きにオススメ。

ja.wikipedia.org

 

15:00

長岡市に到着。

山本五十六記念館にやってきた。

 

ここで現地に住んでいた元サークル部員の友人と合流。

記念館では山本五十六長官ゆかりの品、ブーゲンビル島から回収された撃墜された一式陸攻の左翼部分などが展示されていた。

yamamoto-isoroku.com

記念館の近くにある山本五十六長官の生家に向かう。

 

15:25

山本記念公園に到着。

f:id:snowcarex:20200515142517p:plain

山本記念公園

山本五十六が生まれ育った高野家があった場所に整備され、園内には復元された生家と、山本五十六の胸像がある。

f:id:snowcarex:20200515142258p:plain

山本五十六の生家

1945年8月1日に米軍による長岡空襲で焼失したため復元された。

内部は勝手に見学できる。

f:id:snowcarex:20200515142319p:plain

玄関正面の部屋 

f:id:snowcarex:20200515142338p:plain

六畳間の和室

この奥の部屋にデカい56像が…!

f:id:snowcarex:20200515142356p:plain

公園内のブロンズ像作成時の石膏像

めちゃデカでびっくりした。

かなり急な階段を登って2階に上がる。

f:id:snowcarex:20200515142415p:plain

天井がかなり低い。屋根裏のような2階部分

山本五十六の勉強部屋。

ここで勉強して海軍兵学校に入校、やがて海軍大学校に進学した。

生家を出て、ブロンズ像を見にきた。

f:id:snowcarex:20200515142438p:plain

山本像

この像は、長官が戦死した1943年に12月8日に土浦海軍航空隊が作ったコンクリート製の全身像をもとにつくられたもの。

敗戦後に、米軍に破壊されないようコンクリート像を上下に分けて霞ヶ浦に沈めた。

1948年に偶然、上半身が発見され劣化が激しかったので型を取ってブロンズで作り直したもの。

下半身は2002年に旧基地内で台座の横の土中から発見された。

ja.wikipedia.org

 

 

15:40

すぐ近くの長岡駅前にきた。

長岡城本丸跡があるらしいのだが…

遺構らしきものは発見できず。

f:id:snowcarex:20200515142559p:plain

これしか残っていなかった

長岡花火の打ち上げ模型が展示されていた。

めちゃくちゃデカい。

f:id:snowcarex:20200515142616p:plain

打揚筒

f:id:snowcarex:20200515142924p:plain

デカ火焔土器

日本海に沈む夕日が見たいので柏崎に向かった。

 

17:00

鴎が鼻展望台(恋人岬)に到着。

日没は17:12。なんとか間に合った。

f:id:snowcarex:20200515143010p:plain

いいじゃん

またドローンを飛ばす。

f:id:snowcarex:20200515143041p:plain

かもめがはな

f:id:snowcarex:20200515143123p:plain

弁天岩

このロープ、登れるのか…?

f:id:snowcarex:20200515143157p:plain

夕焼け

新潟を堪能した。
暗くなってきた。せっかくなので長岡のおいしいラーメンを頂くために長岡に戻る。

 

 

19:00

長岡生姜醤油ラーメン たいち で夕食。

f:id:snowcarex:20200515143253p:plain

おいしい

お腹もいっぱいになったので、帰路につく。
ここからは全て下道。奥只見を越えて福島に戻る。

 

21:00

大白川駅で休憩。

 

21:40

田子倉湖にやってきた。

真っ暗、霧が濃くて何も見えない。

f:id:snowcarex:20200515143401p:plain

案内板

ここで魔が差した。

福島の市町村を制覇する計画を思い出してしまった。

わざわざ遠回りして昭和村に向かう。

 

22:30

冷湖の霊泉に到着。

ダート道を2.5kmほど進んだところにある湧き水。

このあたりはクマがよく出るらしく、大変ビビりながら湧き水を飲んだ。

うまい。

f:id:snowcarex:20200515143431p:plain

なんでこんな時間に…

f:id:snowcarex:20200515143447p:plain

案内板

これで残るは、古殿町、小野町の2つ…

福島制覇も近い。

会津、下郷を抜けて走り続ける。

疲れ過ぎて途中の記憶がほぼない。

 

 

1:20

やっと帰宅した。

1日で620km、なかなか走った。

 

f:id:snowcarex:20200515175928j:plain

ルート1

A 安田IC

B 新発田城

C ばかうけ展望室

D 小針浜

E 弥彦神社

F 旧月潟駅

 

f:id:snowcarex:20200515180104j:plain

ルート2

A 山本五十六記念館/生家/長岡駅

B 鴎が鼻

C ラーメンたいち

D 大白川駅

E 田子倉

F 冷湖の霊泉

UFOふれあい館に行ってきた👽

2018年9月28日(金)

 

福島にはUFOが集まる山がある。

千貫森(せんがんもり)という462mの山だ。

あまり高くないがとても目立つ。

ここの麓に、市営の公共施設(!)であるUFOふれあい館と物産館がある。

ここで宇宙人に会えてUFOとふれあえるという噂を聞き、現地に遊びに行った。

f:id:snowcarex:20200507174452p:plain

千貫森

 

8:30

郡山を出発

 

10:00

千貫森公園の入口までやってきた。

すでにワクワクしている。なんだこの看板

f:id:snowcarex:20200507174518p:plain

入口の看板

ここから車で駐車場まで少し登る。

f:id:snowcarex:20200507174537p:plain

さっそく宇宙人が出迎えてくれた

もうすでに期待以上の雰囲気。

UFO物産館横の駐車場に到着。

 

福島市飯野UFOふれあい館に向かう。

f:id:snowcarex:20200507174554p:plain

インパクトしかない見た目

道を挟んだ向かい側にUFOふれあい館は鎮座していた。

これ公共施設だぜ。

 

f:id:snowcarex:20200507174620p:plain

受付の横にUFOこけし

入ってすぐに濃厚な空間が広がっていた。

怪しい!怪しすぎる!

f:id:snowcarex:20200507174607p:plain

宇宙人グッズが並ぶ

f:id:snowcarex:20200507174635p:plain

UFOや宇宙人の書籍、グッツが大量に並ぶ

受付を済ませ、左に進む。

怪しげな入口。

f:id:snowcarex:20200507174648p:plain

ミステリーゾーン

のれんをくぐると宇宙だった。

f:id:snowcarex:20200507174702p:plain

宇宙空間だ

最高の空間だ。

この時からもう自分も宇宙人だった。

f:id:snowcarex:20200507174717p:plain

宇宙都市 飯野町

謎のブザーが鳴りグレイタイプ宇宙人が現れる。

f:id:snowcarex:20200507174732p:plain

宇宙人登場

ミステリーゾーンを抜けると、展示ゾーン。
ここまでUFOに迫った博物館(?)もなかなかないだろう。

f:id:snowcarex:20200507174749p:plain

可愛い宇宙人が出迎えてくれる

f:id:snowcarex:20200507175007p:plain

充実したUFOに関する展示

f:id:snowcarex:20200507174804p:plain

UFO模型 回転する

f:id:snowcarex:20200507174820p:plain

UFOの構造

f:id:snowcarex:20200507174902p:plain

UFO目撃地

f:id:snowcarex:20200507174938p:plain

UFOの種類

f:id:snowcarex:20200507174921p:plain

反重力体験

中でもいちばんヤバい展示がコレだ。

UFOは確実にいる。

f:id:snowcarex:20200507174841p:plain

CIA秘密文書

ここに置いといていいのか…?

f:id:snowcarex:20200507174954p:plain

数々の宇宙人

一通り展示を見てから立体映像シアターを楽しむ。

3Dメガネをかけて飯野町とUFOの関係をしっかり学習した。

 

このUFOふれあい館、2階はお風呂と和室がある。

宇宙人と触れ合ったあとは、ここでゆっくりできる。

宇宙の間と銀河の間の2室あり、宇宙の間は予約なしで入れる。

お風呂は見学者ならそのまま入浴可能だ。

今回は風呂には入らなかった。

f:id:snowcarex:20200507175035p:plain

宇宙の間

あまりに広い和室にビビる。

ここは宇宙だ。

f:id:snowcarex:20200507175021p:plain

眺めがとても良い

左にるのがUFO物産館。ここのラーメンとカレーが異様に美味しいのだが、今回は食べなかった。

ふれあい館を出て千貫森のUFO道入口で宇宙人と遭遇した。

f:id:snowcarex:20200507175107p:plain

UFO道(ゆうふぉどう)

このまま登っていくと千貫森の山頂に行ける。

今回は時間の都合から、登山はパスした。

先は長い。

f:id:snowcarex:20200507175051p:plain

山頂まで様々な宇宙人に出会える。

UFOふれあい館は福島県内でも最高にお気に入りの場所だ。

2020年までに4回訪れている。

ぜひ行ってみてほしい。

ufonosato.com

 

ja.wikipedia.org

物産館でTシャツ2枚購入。次の目的地に向かった。

 

 

11:20

福島市民家園に到着。

江戸時代中期から明治中期の古民家や建物が移築保存されている。

主に県北部の民家を中心に、様々な建物が展示されている。

江戸東京たてもの園の福島版。

f:id:snowcarex:20200507175125p:plain

案内板

充実の展示、当時の民家の様子がよくわかる。

f:id:snowcarex:20200507175143p:plain

旧小野家

f:id:snowcarex:20200507175158p:plain

明治初期の養蚕農家

f:id:snowcarex:20200507175213p:plain

旧筧家宿店

f:id:snowcarex:20200507175228p:plain

江戸末期の宿屋

f:id:snowcarex:20200507175244p:plain

元客自軒 江戸後期

戊辰戦争のきっかけとなった世良修蔵の暗殺事件の舞台の宿。

f:id:snowcarex:20200507175654p:plain

旧広瀬座 1887年築の芝居小屋

f:id:snowcarex:20200507175727p:plain

f:id:snowcarex:20200507175742p:plain

旧阿部家 1700年代 後半築

 

f:id:snowcarex:20200507175800p:plain

f:id:snowcarex:20200507175814p:plain

f:id:snowcarex:20200507175828p:plain

1700年代後半の古民家

古道具も一緒に展示されていた。冬はめちゃくちゃ寒そう。

かなり見応えがある展示量だった。

時間があれば半日くらいゆっくりできる。

おすすめ。

minka-en.com

 

12:40

飯坂温泉までやってきた。

新十綱橋付近の駐車場に車をとめる。

f:id:snowcarex:20200507175852p:plain

新十綱橋より摺上川下流方面

旧堀切邸という江戸時代の豪商の邸宅が改装されて無料公開されている。

f:id:snowcarex:20200507175919p:plain

旧堀切邸 入口

当時の半分ほどの面積らしいが今でもかなり広い。

f:id:snowcarex:20200507175906p:plain

案内板

門をくぐり左手に主屋がある。

f:id:snowcarex:20200507175933p:plain

主屋の入口

見学は横の入口から。

f:id:snowcarex:20200507180005p:plain

内部

f:id:snowcarex:20200507180018p:plain

無数に和室がある

裏には蔵がありミニ資料館になっていた。

f:id:snowcarex:20200507180031p:plain

主屋の入口 天井のカーブが珍しい?

f:id:snowcarex:20200507175949p:plain

f:id:snowcarex:20200507180058p:plain

十間蔵 1775年築 福島県最古、最大の蔵

 

源泉掛け流しの足湯がある。なんとタオルも貸してくれる。

f:id:snowcarex:20200507180045p:plain

足湯

足湯の良さを知った。

まだこの時は温泉は苦手だったのだ。

 

ja.wikipedia.org

 

くつろいだあと、七ヶ宿ダムに向かう。

 

13:35

昼食を摂っていなかったので近くにあったミニストップでおにぎりをたべる。

駐車場からなにやら古そうな建物が見えたので寄り道。

どうみても明治建築。なんだろう。

f:id:snowcarex:20200507180113p:plain

なんだここは!

門柱には旧伊達郡役所と書かれていた。

1883年竣工の擬洋風建築。

この時は閉まっていたが内部は資料館になっているらしい。

f:id:snowcarex:20200507180128p:plain

敷地内で芭蕉に遭遇

いく先々で松尾芭蕉に遭遇する。今回は予想外だった。

ja.wikipedia.org

 

お腹もいっぱいになったので七ヶ宿ダムに向かった。

f:id:snowcarex:20200507180143p:plain

国見町が一望できる

途中の山道からの眺めがとても良かった。

 

14:00

山道を進む。

宮城県に入った直後、道沿いに大量の鳥居が突然現れた。

思わず寄り道した。

f:id:snowcarex:20200507180200p:plain

満蔵稲荷神社

10分ほど鳥居を潜り続けると本殿についた。

f:id:snowcarex:20200507180230p:plain

雰囲気抜群

非日常感ある山奥の稲荷神社だった。

ja.wikipedia.org

 

14:30

ついでに近くにある飛不動尊に立ち寄った。

伊達政宗が1591年に創建した堂が火災に遭った際、御本尊が自ら飛び出して災厄を避けたという言い伝えがある。

f:id:snowcarex:20200507180247p:plain

飛不動堂

クマが出そうな雰囲気。もちろん誰もいない。

スズメバチに遭遇してすごい勢いで車に戻った。

f:id:snowcarex:20200507180304p:plain

案内板

 

14:45

七ヶ宿ダム下流にある材木岩公園に到着。

ここは江戸時代に奥羽13名の大名が参勤交代の際に使用した山中七ヶ宿通の検断屋敷が移築復元されている。

f:id:snowcarex:20200507180355p:plain

旧検断屋敷

右手に小原の材木岩が見える。

f:id:snowcarex:20200507180324p:plain

デイサイトの柱状節理

f:id:snowcarex:20200507180341p:plain

高さ100mほど 大迫力

付近には風穴を利用した天然の冷蔵庫がある。

材木岩氷室と呼ばれ絹糸などの保存に使用されていた。

現在でも中に入れる。めちゃくちゃ涼しかった。

f:id:snowcarex:20200507200920p:plain

氷室

15:00

やっと七ヶ宿ダムに到着。

f:id:snowcarex:20200507180410p:plain

デカい噴水

これ以上は接近できなかった。

ja.wikipedia.org

 

 

国道113号を通り白石市に向かう。

 

15:30

世良修蔵の墓に到着。場所が分かり辛い。駐車場もない…

小学校の裏手の藪に車をとめた。

f:id:snowcarex:20200507180427p:plain

暗殺された奥羽鎮撫総督府下参謀

f:id:snowcarex:20200507180458p:plain

木戸孝允の献燈

 

f:id:snowcarex:20200507180515p:plain

墓石

福島稲荷神社の石碑と比べてほとんど手入れされていない様子。


f:id:snowcarex:20200507180441p:plain

白石城が見える

ja.wikipedia.org

 

15:50

白石城にやってきた。

仙台藩の伊達側近、片倉氏の城。

仙台藩一国一城令の例外として仙台城白石城の2つの城を持った。

戊辰戦争の際、白石列藩会議が開かれ、奥羽越列藩同盟の結成に繋がった。

f:id:snowcarex:20200507180533p:plain

厩口門跡

f:id:snowcarex:20200507180549p:plain

城跡にある神明社

木造で復元された天守閣。

大きい。

f:id:snowcarex:20200507180604p:plain

復元された三階櫓

f:id:snowcarex:20200507180619p:plain

大手二ノ御門 1995年復元

f:id:snowcarex:20200507180712p:plain

三階櫓

内部を見学できる。1階、2階は鎧兜や史料が展示されていた。

f:id:snowcarex:20200507180632p:plain

三階部分

f:id:snowcarex:20200507180658p:plain

眺めが良い

日が暮れてしまうので急ぎ気味で見学した。

ja.wikipedia.org

 

17:00

福島県に戻り、霊山神社に到着。

南北朝時代南朝に従った北畠家を祀っている。

北畠家の支城があった場所に1881年、神社が創建された。

霊山城は霊山山頂付近にあったらしい。

f:id:snowcarex:20200507180740p:plain

北畠顕家

車で急な山道を進み砂利駐車場にとめる。

f:id:snowcarex:20200507180812p:plain

境内

かなり高い場所に境内があるので、車で登らないとキツい。

f:id:snowcarex:20200507180756p:plain

徒歩ならここを登る

f:id:snowcarex:20200507180826p:plain

本殿

やはり誰もいない。おごそかな雰囲気。


境内をぐるっとまわり、下山。

f:id:snowcarex:20200507180842p:plain

徒歩ならここから登る

ja.wikipedia.org

 

そろそろ日が暮れる。

初めて訪れた伊達市の夕焼けはとても綺麗だった。

f:id:snowcarex:20200507180856p:plain

夕焼け

 

17:45

道の駅 伊達の郷 りょうぜんに立ち寄る。

この道の駅はお気に入り。

f:id:snowcarex:20200507180912p:plain

桃をそのまま固めたアイス

 

19:00

自家製麺くをんで夕食。

福島市で一番美味しい。西友の駐車場なら無料で駐車できる。

いつもは行列ができているが、この日は並ばず入店。

f:id:snowcarex:20200507180929p:plain

入口

f:id:snowcarex:20200507180950p:plain

つけめん中 800g

中サイズで800gある。大は1kgだ。

暴力的な塩分濃度のスープ。うどんより太い麺。最高のうまさ。

一瞬で食べ終わった。

 

 

20:10

信夫山の鳥ヶ崎展望デッキに向かった。

福島市で1番の夜景が楽しめる場所だ。

途中まで車で登り、あとは軽めの登山道。

初見で夜に訪れると街灯がないのでキツい。

f:id:snowcarex:20200507181151p:plain

肉眼だと夜景のパノラマが圧巻

遠くの山の中腹に高湯温泉の明かりも見える。

f:id:snowcarex:20200507181208p:plain

駅前

f:id:snowcarex:20200507181225p:plain

一度は行ってみてほしい

おすすめ。
信夫山は展望台が複数あり、昼でも夜でも楽しめる。

金山跡を利用した地下壕もある。

ja.wikipedia.org

 

福島周辺を巡り尽くしたので郡山に戻る。

 

22:30

北畠家の城と夜景つながりで宇津峰山に寄り道。

一応夜景は見えたものの、市街地から遠く、信夫山よりしょぼい。

 

23:00

ヘトヘトで帰宅した。

302km走った。 

f:id:snowcarex:20200507212157j:plain

ルート

A UFOふれあい館

B 福島市民家園

C 飯坂温泉 / 旧堀切邸

D 旧伊達郡役所

E 満蔵稲荷神社

F 材木岩 / 七ヶ宿ダム

G 白石城

H 霊山神社

I 道の駅 りょうぜん

J 自家製麺くをん

 

f:id:snowcarex:20200507212713j:plain

ルート

A 信夫山

B 宇津峰山

葛尾村に行ってきた

2018年9月26日(水)

 

福島県には59の市町村がある。

すでに54市町村に訪問済みだ。

 

残るのは、以下の5市町村。

葛尾村

古殿町

小野町

伊達市

昭和村

 

今回、その中でも近場にある葛尾村に向かった。

村のホームページに観光案内がなく、目的地を探すのに苦労した。

 

8:30

郡山を出発

川内村経由で楢葉町の木戸ダムに向かった。

県道250号をひたすら進む。ぐねぐねの山道が続く。

 

10:10

木戸ダムに到着。

ダムの上を県道が通っている。

f:id:snowcarex:20200507152303p:plain

木戸ダムと木戸渓谷

せっかくなのでダムカードをもらった。

ダムの下流側の木戸川渓谷遊歩道に寄り道した。

f:id:snowcarex:20200507152353p:plain

布滝

誰もいない。遊歩道も人がしばらく通っていなさそうだ。

f:id:snowcarex:20200507152518p:plain

クマにビビりながら散策

涼しくなかなか良い場所だった。

 

山を降りて楢葉町の平野部で彼岸花を発見。

思わず撮った。

f:id:snowcarex:20200507152550p:plain

満開の彼岸花

11:20

北上して富岡町に入り、滝川ダムを通過。

f:id:snowcarex:20200507152610p:plain

滝川ダム

川内村にもどってきた。

そのまま北上し、今回のメイン。葛尾村に向かった。

 

12:15

Cafe嵐が丘でランチ。

大量のティーカップ、ソーサーのコレクションが並んでいて、その中から選んでコーヒーを頂ける。おいしかったので葛尾村に行く際にはぜひ。

f:id:snowcarex:20200507152628p:plain

Cafe 嵐が丘

www.fukushimatrip.com

 

一休みしたあと、葛尾村の史跡を巡った。

 

13:45

大尽屋敷跡に到着。

江戸から明治にかけ200年間、栄華を極めた商人、松本一族の屋敷の跡とのこと。

生糸や製鉄で富豪になったそうな。

f:id:snowcarex:20200507152645p:plain

わずかに石垣が残る

ほとんどわからない…

 

14:00

屋敷跡の近くにある磨崖仏を見にきた。

屋敷の主が寄進したものらしい。

f:id:snowcarex:20200507152704p:plain

磨崖仏

巨大な岩に仏が彫ってある。

f:id:snowcarex:20200507152737p:plain

f:id:snowcarex:20200507152753p:plain

迫力あるサイズ

写真だとあまりわからないが、かなりでかい岩。

f:id:snowcarex:20200507152832p:plain

森の中に突然現れる。

葛尾村でいちばんインパクトがあった。

f:id:snowcarex:20200507152815p:plain

案内板

葛尾村を満喫(?)し、二本松市にむかう。

 

14:30

杉沢の大杉に到着。

樹齢600~1000年とも言われるデカすぎる杉が生えてる。

f:id:snowcarex:20200507152913p:plain

デカ杉

国内最大級の杉らしい。

f:id:snowcarex:20200507152934p:plain

太すぎ

とにかく巨大だった。周りにはコスモスが満開。人もほとんどいないのんびりした場所だった。

 

15:10

帰りについでに三春城に寄り道した。

f:id:snowcarex:20200507153012p:plain

途中まで車で登れる城

当時の建物は残っていないが、石垣や堀切、土塁などが残る。

f:id:snowcarex:20200507153025p:plain

本丸跡からの眺め

本丸の跡は公園になっていた。

電波塔が立っている。

また、藩主秋田氏の墓があった。

f:id:snowcarex:20200507153041p:plain

本丸跡

唯一、現存しているのが藩校 明徳堂の表門だ。

三春小学校の校門として移築されている。

f:id:snowcarex:20200507153129p:plain

藩校の門

ja.wikipedia.org

 

16:10

郡山に戻ってきた。

 

マイナーな場所でも行ってみると案外楽しめることに気づいた。

 

f:id:snowcarex:20200507213251j:plain

ルート

A 木戸ダム

B 滝川ダム

C -

D Cafe嵐が丘

E 大尽屋敷跡 / 磨崖仏

F 杉沢の大杉

G 三春城

磐梯山に登ってきた

2018年9月23日(日)

 

ずいぶん前から気になっていた。

その姿は何度も見ているのに登ったことがない。

そこで磐梯山に登ることにした。

 

9:00

「山をナメるな」を合言葉に郡山を出発。


デイリーヤマザキで朝食。

国道49号を西に進む。

中山峠を越え猪苗代に入った。

f:id:snowcarex:20200507132833p:plain

この山に登る

あまりに高い。登れんのか?

 

11:00

車を止めて八方台登山口からようやく登り始める。

f:id:snowcarex:20200507133645p:plain

いちばんイージーな登山口

 

すでに下山した登山者をみてビビった。

まだまだ余裕ぶっこいていた。

 

11:20

中ノ湯温泉の廃墟に到着

f:id:snowcarex:20200507133750p:plain

廃業した温泉

まだまだ余裕だ。

 

11:40

小休止

眺めが良いことに気づく。

f:id:snowcarex:20200507133804p:plain

檜原湖が半分くらい見える

f:id:snowcarex:20200507133907p:plain

バテる直前の2人

ここまでほとんど休憩せずに登っていた。

だんだん登るスピードが遅くなり…

 

11:55

f:id:snowcarex:20200507133951p:plain

さらに眺めが良くなった

ここにきて2人がダウン。

ちょっと休んでるから登ってきていいよ。と完全に諦めモードに…

f:id:snowcarex:20200507134024p:plain

完全に動作を停止した2人

もうすぐ頂上だから(嘘)はやく行こうぜ。と言ってもビクともしない…

山をナメて体力を持って行かれたのだ。

 

諦めて1人で登ろうかと迷っていたとき、下山してきたオバチャンに声をかけられる。

 

「山を諦めるのは人生を諦めるのと同じ」

 

パワーワード炸裂。

立ち込めていた暗雲が一瞬で吹き飛び、ダウンしていた2人が一瞬で立ち上がった。

これは如来だ、菩薩だ… 人の姿をした仏だ… などとオバチャンに感謝しながら再び登り始めた。

 

f:id:snowcarex:20200507142246j:plain

やっぱりキツい

12:50

弘法清水に到着、大量の登山者が休憩している。

コンバースのスニーカーで登ってるキッズもいてビビる。

f:id:snowcarex:20200507134100p:plain

裏磐梯がよく見える

1888年の噴火で山体崩壊し消滅した小磐梯の跡が残っている。

本当に山が丸ごと消し飛んでいた。

f:id:snowcarex:20200507134115p:plain

小磐梯の跡

一休みしつつ普段見られない高さから檜原湖、秋元湖を同時に眺める。

弘法清水なる湧き水を汲んで空のペットボトルに水を詰めた。

めちゃくちゃ美味しかった。弘法さんありがとう!

 

13:10

弘法清水を出発、山頂を目指す。

f:id:snowcarex:20200507134200p:plain

右下に弘法清水がみえる

ほどほど急な登りが続く。

f:id:snowcarex:20200507134246p:plain

紅葉が始まっている

標高が高くなり、植生が変わり紅葉も見られた。

さらに登ると植物が消えた。

森林限界を初めて目にした。

 

13:40

磐梯山の山頂に到着した。

f:id:snowcarex:20200507134550p:plain

初めて見る景色に感動

普段は大きな猪苗代湖が小さく見える。

中通りから猪苗代、会津まで一目で見える驚き。

頑張って登ってよかった…

f:id:snowcarex:20200507134533p:plain

会津若松も一望できる

f:id:snowcarex:20200507134727p:plain

三等三角点

14:00

下山し始めた。

ほとんど休憩せずにどんどん下山。

 

15:40

温泉跡まで戻ってきた。

f:id:snowcarex:20200507134751p:plain

中ノ湯跡

行きは気付かなかったが、付近は地面から温泉が湧いてる。

暖かく硫黄臭い。

f:id:snowcarex:20200507134809p:plain

ミニ温泉

16:00

無事に駐車場まで戻ってきた。

ろくに運動していなくても気合いで登れてしまった。

 

一旦帰宅して、シャワーを浴びる。

 

19:30

とんこつ家で特濃家系ラーメンを注文。

不足しがちな塩分を一度に補給した。

 

 

この頃から、山や自然の魅力に気付きはじめる。
思っていたより壮大で、楽しく、達成感があった。

5時間程度の登山でヘトヘトになるのだから、テント泊で縦走登山する人たちは特殊部隊か何かか…?




 

宇津峰山、達沢不動滝、横向ロッジに行ってきた

2018年9月17日(月)

 

この日は昼過ぎから暇だった。

いつもの暇そうな2人を誘って山に向かった。

 

12:50

郡山を出発

 

13:20

宇津峰山にきた。郡山の南東にある677mの山だ。

登れる所まで車で登る。

行き止まりで駐車。特に準備もせず軽装できたので、途中の御井戸の清水まで登った。

f:id:snowcarex:20200421133142p:plain

駐車した場所から2分くらい

ろくに運動していないので山道はしんどい。

f:id:snowcarex:20200421133630p:plain

5分くらいで湧き水に到着

1300年代中期、南北朝時代には宇津峰山は奥州南朝の拠点として、宇津峰城として利用された。この城に立て籠もった皇族や武将などの高貴な人々の飲料水として使われたとのこと。

まあまおいしい。

山頂には土塁跡が残るらしい。この日は山頂まで登らなかった。

ja.wikipedia.org

 

f:id:snowcarex:20200421133739p:plain

郡山が一望できる眺めの良さ。

隠れ夜景スポットでもある。

f:id:snowcarex:20200421133722p:plain

駅前も見える。

ハチに怯えながらすぐ車に戻った。

 

14:00

須賀川市にある須賀川城に到着。

1399年築城、1627年頃に廃城。

1589年10月26日、城主二階堂氏と伊達政宗を筆頭が須賀川城を巡って攻防戦を行った。

廃城になって久しいため、ほぼ遺構が残っていない。

 

f:id:snowcarex:20200421133755p:plain

城跡…?

本丸跡に建つ二階堂神社だ。東日本大震災の影響か、修復されて綺麗になっていた。

すぐ近くの神炊館神社(おたきや)に向かった

 

 

14:05

神社の境内を散歩。松尾芭蕉も訪れた。

境内には須賀川城の外堀がわずかに残る。

f:id:snowcarex:20200421144713j:plain

たぶんこれ外堀…?

実際、ほとんど残ってない。

f:id:snowcarex:20200421135100p:plain

震災で倒れた灯篭も修復

松尾芭蕉須賀川に8日間滞在した。

f:id:snowcarex:20200421133842p:plain

曾良の日記

f:id:snowcarex:20200421135109j:plain

御炊館神社本殿

f:id:snowcarex:20200421133900p:plain

倒れたままの鳥居

【公式】奥州須賀川総鎮守 神炊館神社 福島県須賀川市

 

10分ほど滞在し、勢至堂渓谷の滝に向かった。

 

14:35

馬尾の滝 (まお)

場所がわかりづらい。道の脇に突如現れる。

f:id:snowcarex:20200421133947p:plain

涼しげな滝

釈迦堂川の上流、江花川を挟んだ対岸にあった。

白馬の尾に似ているから、この名がついたとのこと。

多少濡れるが、石の上を渡れば滝のそばまで行ける。

f:id:snowcarex:20200421134004p:plain

爽やか

すこし涼んでから、さらにデカい滝に向かった。

ja.wikipedia.org

 

15:50

猪苗代湖の北側にある達沢不動滝の駐車場までやってきた。

途中から未舗装になり砂利の駐車場に止めた。

f:id:snowcarex:20200421134106p:plain

軽いハイキング

不動川に沿って少し歩く。

f:id:snowcarex:20200421134030p:plain

岩と木の組み合わせが好き

f:id:snowcarex:20200421134047p:plain

木に飲み込まれた岩

10分弱歩くと、滝に到着。

この滝、デカい。涼しい!

f:id:snowcarex:20200421134218p:plain

達沢不動滝

チャレンジャーな2人は滝の裏側に行けるのを発見。

滝の大きさもわかるだろうか。

f:id:snowcarex:20200421134158p:plain

無謀な挑戦者

少し濡れただけで裏側にまわれていた。

次行くなら挑戦してみたい。

滝を見て一休み。夏の暑さも和らぐ滝効果を満喫。

40分ほど滞在した。

ja.wikipedia.org

 

16:50

有名な廃墟、横向温泉ロッジにやってきた。

1984年に廃業。度々ボヤ騒ぎがある。

f:id:snowcarex:20200421134240p:plain

横向きだ…

横向は地名だ。ロッヂも横向きだが、そうじゃない。

f:id:snowcarex:20200421134302p:plain

入口

f:id:snowcarex:20200421134321p:plain

広間

有名になりすぎて、内部はイタズラ描きだらけ。ほとんど何も残っていない。

f:id:snowcarex:20200421134340p:plain

剥がれ落ちた天井

f:id:snowcarex:20200421134401p:plain

キッチン?

f:id:snowcarex:20200421134432p:plain

風化が進んでいる

f:id:snowcarex:20200421134416p:plain

階段もいたずら書きだらけ

正直に言うと、この時はビビり散らしていた。
1人で廃隧道や地下壕も行ったことがなかった頃だ。

f:id:snowcarex:20200421134506p:plain

ビビってここから先に進めず…

肝試しに使われるというのがよくわかった。

夜に廃墟に行くのは風化した床や廃材を見落としやすく、別の意味で危険だと思うのだが…

 

f:id:snowcarex:20200421134627p:plain

自然に飲み込まれつつある

f:id:snowcarex:20200421134609p:plain

正面の階段、ボロボロ。

真正面の階段、裏から見るともうすぐ崩壊しそうな劣化具合だ。

この時点ではまだ降りられた。

f:id:snowcarex:20200421153000j:plain

毎年、大雪に耐えている階段

30分ほど滞在し、母成峠を通って郡山に戻った。

夏の暑さを吹き飛ばすヒヤヒヤした涼しげな日帰り旅だった。

 

f:id:snowcarex:20200421153648j:plain

ルート

A 宇津峰

B 須賀川城跡/神炊館神社

C 馬尾の滝

D 達沢不動滝

E 旧横向温泉ロッジ

F 母成峠

会津藩校日新館、赤べこの発祥地に行ってきた

2018年9月14日(金)

 

この日は会津、柳津方面と米沢、福島経由で散策してきた。

 

12:50 

会津藩校 日新館に到着

上級藩士の子供が10歳から入学した当時の教育機関だ。

当時は鶴ヶ城の西隣にあったが戊辰戦争で校舎が消失。天文台跡のみが残る。

ここ、日新館は1987年に藩校の図面をもとに会津若松市の郊外、鶴ヶ城から北に8kmほど離れた場所に完全復元された。

博物館、道場、宿泊研修施設、ロケ地などに使われている。

座禅や茶道、赤べこの絵付け体験なども可能。

f:id:snowcarex:20200417204920p:plain

會津藩校日新館

内部は日光江戸村なみの規模で復元されている。

f:id:snowcarex:20200417204930j:plain

かなり敷地が広い

f:id:snowcarex:20200417205033p:plain

習字中だった

博物館では当時の藩校での教育の様子や会津の歴史が学べる。

f:id:snowcarex:20200417205053j:plain

もはや復元ではなく移築したレベル

かなり再現度が高い。半日ぐらいはゆっくりできる規模だ。

f:id:snowcarex:20200417205114j:plain

水練場 (日本最古のプール)

衣服や鎧をつけての泳法を学んだ水練場も再現されていた。

あまりに緑色…

高台にあり見晴らしが良い。

鶴ヶ城も見えなくはない。

どこにあるかわかりますか?

f:id:snowcarex:20200417205140p:plain

日新館から会津市街地を望む

左奥の方にあるのだが… かなり小さい。

f:id:snowcarex:20200417205215j:plain

肉眼だとまず発見できないサイズ

ja.wikipedia.org

 

先は長いので昼食に向かった。

 

13:50

七日町にある馬力本願に到着。ここでは珍しい馬骨ラーメンが食べられる。

道を挟んで斜め右側にある駐車場に止める。

馬骨ラーメンは豚骨よりさっぱりしているのに臭みがない。

辛味噌を途中から混ぜるとさらに美味しい。

おすすめ。

f:id:snowcarex:20200417205236j:plain

最高に美味しい

お腹がいっぱいになったところで、近くの寺に向かう。

 

14:25

阿弥陀寺に到着。

七日町駅すぐ近くにある。戊辰戦争の戦死者1300人が埋葬された。

ここには戊辰戦争を生き延びた鶴ヶ城の小天守、御三階が移築、保存されている。

さらに新撰組3番隊組長、剣術の達人 斎藤一の墓もある。

f:id:snowcarex:20200417205258j:plain

御三階

外見は3階建てだが、内部は4層。

鶴ヶ城内にあったときは秘密会議なども行われていたらしい。

内部非公開。

f:id:snowcarex:20200417205319p:plain

斉藤一の墓 (1844~1915)

新撰組最強の剣士とされる。

戊辰戦争を生き抜き、警視庁の警察官になる。

西南戦争で西郷軍と戦い生き抜く。

ja.wikipedia.org

 

 

14:40

長命寺にも立ち寄った。阿弥陀寺の500m南側にある。

ここは会津戦争の市街戦の激戦地。佐川官兵衛率いる会津藩士と新政府軍の長州、大垣藩が衝突。本堂を含め全て焼失し築地塀が残った。

f:id:snowcarex:20200417205341j:plain

150年前の弾痕が残る塀

長命寺にも145名の会津藩士が埋葬された。

 

15:10

鶴ヶ城近くにある御薬園に到着。

1432年に蘆名盛久が霊泉の湧く、この地に別荘を建てた。

1670年、会津藩2代目藩主保科正経が領民を疫病から救うため園内に薬草園を作ったのが由来。

現在の庭園は1696年に本格的な山水庭園として改造されたもの。

戊辰戦争時は新政府軍の診療所となり戦火を免れたため建物が現存している。

1991年までは会津松平家保有していた。

f:id:snowcarex:20200417205357j:plain

楽寿亭

売店では薬草茶が販売されている。

日本庭園を見ながらお茶を楽しめる。

心が洗われるのでたいへんオススメ。

f:id:snowcarex:20200417205706j:plain

カモやアメンボが泳ぐ池

ja.wikipedia.org

 

せっかく会津まで来たので、柳津まで足を伸ばした。

 

16:15

福満虚空蔵尊 圓蔵寺に到着。

ここは赤べこ発祥の地。

807年、圓蔵寺を建立する際に上流の村から大量の木材を寄進された。

水量が豊富な只見川で材木を運搬するのは困難だった。

人々が材木を運ぶのに困っていると、どここからか牛の群れが現れて材木の運搬を手伝ってくれた。重労働で多くの牛が倒れ、最後まで働いたのが赤色の牛だった。

これが赤べこ伝説だ。

f:id:snowcarex:20200417205742j:plain

只見川を見下ろす崖に立つ

 

境内には撫で牛像もある。

たくさん撫でておいた。

f:id:snowcarex:20200417205806j:plain

景色がいい。

赤べこに詳しくなったので次の目的地に向かった。

ja.wikipedia.org

 

17:30

せっかく柳津まで来たし、新潟まで行ってみようぜ。

 

軽いノリで西会津を通過。

f:id:snowcarex:20200417205836j:plain

新潟と福島の県境付近

手前が福島県阿賀川。奥は新潟県阿賀野川。名前が変わる川…

マイナーだけどこの辺りは本当に景色が良く空気も美味しい。

 

途中の山道で大量の猿が橋を渡っていた。

新潟の山奥で会ったのは人より猿のほうが多かった。

 

理由もなしに豊実ダムまでやってきた。

f:id:snowcarex:20200417205930j:plain

豊実ダム (1929年竣工)

重力式コンクリートダム東北電力が管理している。

予習もなしに、いきなり来た上に圏外だったので現地ではただのダムとしか思わなかった。

調べてみたら、かなり古いダムで驚いた。阿賀野川水系東北電力管内11のダムのうち2番目に古いらしい。最古は鹿瀬ダム(未訪)。

 

新潟に行くという目標を達成したので、せっかくだから山形にも行きたくなってしまった。

国道459号を通り喜多方に出て、121号を北上し米沢に向かった。

 

19:15

上杉家霊廟に到着。

すっかり暗くなってしまった。

当然こんな時間に墓所が開いてるはずもなく、次回以降にお預け。

f:id:snowcarex:20200417210045j:plain

上杉さんたち眠っている…

いつも勘違いをしていた。

喜多方から国道121号を北上し、米沢に行く。何度も通った道だ。

当然、北上しているのだから米沢には南から入ると思っていた。

後日、地図を見たらビックリ。いつも米沢には西から入っていたのだ。

南から入るには檜原湖を抜け北上する道があった。いずれ通ってみたい道の一つだ。

 

 

19:50

米沢城/上杉神社にやってきた。

なんとここは開いていた。堀の周りをランナーが走っている。

f:id:snowcarex:20200417210151j:plain

ライトアップ?されている (ただの街頭かも)

駐車場から、堀の外をまわり東側の正面から登城。

途中まではこの時間でも入れる。右手に上杉謙信直江兼続の像。左手に上杉鷹山がいる。

f:id:snowcarex:20200417210209j:plain

静かな城跡

そのまま真っ直ぐ進み上杉神社の本殿へ向かう。

f:id:snowcarex:20200417210224j:plain

やっぱり閉まっている

また来よう…

 

米沢城は1238年に築城された。

ja.wikipedia.org

 

そろそろ疲労が溜まってきたのでモンスターを飲んでチャージ。

国道13号を通り福島市にむかった。

ちなみに、この時間帯は無料の東北中央道を使うより国道13号を使った早く福島まで行けることが多い。自動車道は登坂車線もなくトラックに通せんぼされる。

 

21:30

福島稲荷神社に到着した。

ここには世良修蔵の顕彰碑がある。(墓は宮城県白石市にある)

 

もう真っ暗…

f:id:snowcarex:20200417230746j:plain

お稲荷さんに軽く挨拶

稲荷神社の境内の北側、隅に世良修蔵の碑があった。

新政府が建立した顕彰碑である。勝てば官軍なのだ。

東北が戊辰戦争に巻き込まれるきっかけとも言われる人物。

現在でも相当に嫌われているという。しかし、顕彰碑はそこそこ管理されている様子。

f:id:snowcarex:20200417210257j:plain

お供えがあった。

 

この顕彰碑を囲む4つの石灯籠、手前左側は長州藩品川弥二郎 右側は黒田清隆が寄進したもの。世良修蔵も暗殺されなかったら明治政府の重鎮になっていたのだろうか。

奥の石灯籠2つは橘正風、正郎が寄進した、この2人は奇兵隊出身で、世良修蔵が暗殺された翌日に、信夫橋の北側路上で暗殺された長州藩士 野村十郎の兄弟だ。

 

ja.wikipedia.org

 

21:50

稲荷神社の南側、福島県庁が福島城の跡地だ。

当時の遺構はほとんど残っていないが、この日は本丸跡に立ち寄った。

f:id:snowcarex:20200417210515j:plain

芝生が広がる

庭園跡と土塁、外堀の一部が残っているのみ。

ja.wikipedia.org

 

(のちに昼間に再訪した)

 

22:10

最後の目的地、長州藩士 野村十郎 暗殺の地にやってきた。

ここは特に碑も立っていないので、須川の関門を通過後に暗殺されたという推定して近辺を散歩。

f:id:snowcarex:20200417210549j:plain

信夫橋北側、この付近と思われる

 

 

0:20

万SAI堂に寄り道してからヘトヘトで帰宅。

 

 

暗くなっても、疲れていても、限界まで身体を動かして現地に行き全力で歴史を感じる。それが趣味だと思う。

 

即身仏に会ってきた

2018年9月13日(木)

 

浅川町に福島県内唯一の即身仏がいると聞き、早速拝みに行った。

 

10:30

暇そうな友人を巻き添えに郡山を出発した。

 

11:30

浅川町の金久山 貫秀寺に到着。

 

f:id:snowcarex:20200415205136p:plain

貫秀寺 薬師堂

誰もいない…

境内をウロウロしていると、奥に箒を持った人を発見。

見学したい旨を伝えた。

しばらく待つと鍵のかかった薬師堂の扉が開かれた。

f:id:snowcarex:20200415205144p:plain

真正面に宥貞さんが座っていた。

1683年12月8日、92歳の宥貞さんは流行病に苦しむ村民たちの治癒を祈願し入定し即身仏となった。

1591年島根に生まれ、23歳、香川で出家。27歳から諸国行脚し出羽湯殿山高野山で修行した。

1631年、江戸深川永代寺の住職となった。行脚を続け3寺の住職を務めた。

1661年、浅川町にあった東永山観音寺の住職となる。

 

f:id:snowcarex:20200415205200p:plain

即身仏になるために使用された石棺、上に置かれた薬師如来

 

即身仏真言宗東永山観音寺に保存されていた。

1889年の大火で寺が消失し廃寺になったため、曹洞宗貫秀寺が引き取った。

おそらく写真撮影可能なのは宗派が異なり預かっている状態だからではないか。

かなり状態が良い。

f:id:snowcarex:20200415205151p:plain

薬師堂の天井

 

薬師堂内部はとても綺麗に管理されており、案内パネルも充実。

30分ほど滞在し棚倉に向かった。

 

(2019年 上野の国立科学博物館で開催されたミイラ展で宥貞さんに1年ぶりにお会いした。この時は撮影不可となっていた。)  

即身成仏 - Wikipedia

 

12:05

棚倉町の長久寺に到着。

棚倉城の二の丸南門が移築され保存されている。

f:id:snowcarex:20200415205225p:plain

言われないとわからない

あまりにも馴染みすぎていた。

 

12:15

棚倉城跡にやってきた。

f:id:snowcarex:20200415205243p:plain

こじんまりとした城跡だ。

棚倉城は1625年に丹羽長重が築城した。白河小峰城も彼が作った。

棚倉藩は奥羽越列藩同盟に加盟しており旧幕府軍側だった。

1868年6月24日、戊辰戦争板垣退助の率いる新政府軍800名が攻め込み、1日で陥落した。会津に新政府軍が攻め込む3ヶ月ほど前だ。

 

f:id:snowcarex:20200415205250p:plain

本丸跡は広場になっていた

城をぐるっと一周眺め、駐車場に戻った。

ja.wikipedia.org

 

12:40

八槻都々古別神社に到着。

福島県には一ノ宮神社が3社あり、そのうちの1社。

八槻は中社。近くにある馬場八槻都々古別神社は上社。

f:id:snowcarex:20200415205259p:plain

正面から

f:id:snowcarex:20200415205312p:plain

立派な門

f:id:snowcarex:20200415205322p:plain

門の正面にタコ

f:id:snowcarex:20200415205334p:plain

本殿

とても静かな境内。空気が美味しい。

ja.wikipedia.org


 

12:55

棚倉町内にある山本不動尊にやってきた。

棚倉出身者からおすすめされた寺だ。

f:id:snowcarex:20200415205354p:plain

入口からこの景色

最初から雰囲気抜群だ。一瞬で浄化されそうな空気。

f:id:snowcarex:20200415205403p:plain

橋を渡ると本堂

本堂の左奥から、御本尊が安置された霊場が望める。

緑に囲まれた急な石段の上に洞窟がある。

f:id:snowcarex:20200415205414p:plain

御本尊への階段

本堂から少し階段を降り、橋を渡る。

f:id:snowcarex:20200415205422p:plain

雰囲気がとにかく抜群

f:id:snowcarex:20200415205437p:plain

かなり急な石段 落ちたら死ぬ

手すりを使いながら130段の石段をゆっくり登った。

f:id:snowcarex:20200415205444p:plain

御本尊のある洞窟

崩落防止のため強固なアンカーが何本も打たれていた。

開祖弘法大師の像がある。

一休みして、駐車場に戻った。

f:id:snowcarex:20200415205452p:plain

紅葉の時期は人が大勢訪れる

茨城にデカい滝があるのを知り、そのまま見に行った。

www.yamamotofudouson.or.jp

 

 

14:20

袋田の滝に到着。

駐車場から少し歩き吊り橋を渡って展望台に行く。

f:id:snowcarex:20200415205515p:plain

観瀑台の入口より

f:id:snowcarex:20200415205506p:plain

無料だと袋田の滝の下部しか見えない

袋田の滝トンネルを通り第1観瀑台に向かう

f:id:snowcarex:20200415205537p:plain

トンネルがバチバチに良いアジだ

f:id:snowcarex:20200415205606p:plain

第1観瀑台より

滝が大きすぎて、ここでも全体が見えない。

新設された第2観瀑台に向かった。

f:id:snowcarex:20200416195610p:plain

第2観瀑台より

こんどは下部が見えない。

かなり大きな滝だ。サイズも見た目もオバケだ。

f:id:snowcarex:20200415205619p:plain

お化けみたいな滝

冬季は凍結して氷河のようになるらしい。

ja.wikipedia.org

 

せっかくなので茨城県内最高峰の山に車で登りに行った。

急カーブが続く山道をひたすら登った。

台風の影響か枝がたくさん落ちていた。

八溝山公園線使用。

f:id:snowcarex:20200415205632p:plain

タマゴタケ

途中のヘアピンカーブで怪しいキノコを発見。

思わず撮ってしまった。

あとで調べたら無毒で焼いて食べるとおいしいとのこと。

 

16:00

八溝山 日輪寺に到着。

f:id:snowcarex:20200415205647p:plain

地蔵がたくさん

f:id:snowcarex:20200415205655p:plain

アクセスが大変な寺

境内で一休み。

山頂に向かった。

ja.wikipedia.org

 

16:20

八溝山山頂に到着。ここまで車で来れる。

f:id:snowcarex:20200415205719p:plain

神がかったケルン

霧が濃く何も見えない。

f:id:snowcarex:20200415205702p:plain

水戸天狗党が立て篭もった八溝嶺神社

展望台からも濃霧で何も見えない。

f:id:snowcarex:20200415205710p:plain

廃墟風の展望台

駐車した場所のそばで不思議な木を見つけた。

これはなんだろうか…

f:id:snowcarex:20200415205728p:plain

不思議な植生

ja.wikipedia.org

 

八溝山線を抜け一旦、棚倉に戻り白河に向かう。

この福島県道377号線、狭く待避所もほとんどない。しかも未舗装区間が2.1kmある。

f:id:snowcarex:20200415205736p:plain

警笛ならせ

f:id:snowcarex:20200415205744p:plain

ダートはワクワクする

17:30

やっと白河の関に到着した。

f:id:snowcarex:20200415205852p:plain

ヌシが住んでそうな重苦しい見た目

木が鬱蒼と生い茂り薄暗い。

そのまま登っていくと白河神社の社殿がある。

f:id:snowcarex:20200415211403p:plain

白河神社

近くに松尾芭蕉曾良の像が設置されている。

土塁や空堀の跡も残っており、大和朝廷蝦夷侵略拠点になっていた様子が伺える。

白河の関は2つある。

こちらの関は大和朝廷の砦跡で、江戸時代の関所ではなかった。

もう一つの関は、西側4kmほどの場所、国道294号上にある。

白河二所関といい、江戸時代に奥州街道の関所として設けられたものだ。

こちらが江戸時代の関東と東北の境目だった。現在でも栃木と福島の県境だ。

 

ja.wikipedia.org

 

18:00

戊辰戦争白河の戦いの激戦地の一つ、白河市内の女石にきた。

f:id:snowcarex:20200415205916p:plain

遊女 志げの墓

ここには遊女志げの墓がある。

白河の旅籠坂田屋に抱えられていた遊女だ。

長州藩世良修蔵が白河に入った際に馴染みになったという。

1868年5月末、白河は危険と察し、世良は福島城に向かった。

志げは、この脱出を手助けしたと疑われ会津藩士に殺害された。享年22歳。

志げが殺されたと知った坂田屋の下男は会津藩士を追って女石にて仇を討ったとのこと。

 

世良修蔵奥羽越列藩同盟 奥羽鎮撫総督府下参謀として派遣された。

東北を煽り倒し、東北地方を戊辰戦争に巻き込んだ張本人とされている。

結局6月10日未明、福島市の金澤屋で就寝中に仙台藩福島藩士ら25人に襲われ捕縛。阿武隈川で斬首された。

ja.wikipedia.org

 

18:30

麺屋 大須賀 白河店に到着。

初めてつけ麺を食べる。

ともらーめんの方が好みだ。

f:id:snowcarex:20200416210106p:plain

つけ麺

 

20:20

ヘトヘトで帰宅した。

 

f:id:snowcarex:20200416212736j:plain

ルート1

A 金久山 貫秀寺

B 長久寺

C 棚倉城

D 八槻都々古別神社

E 山本不動尊

F 袋田の滝

G 八溝山山頂

 

f:id:snowcarex:20200416212957j:plain

ルート2

A –

B 白河の関/白河神社

C 遊女志げの墓

D 麺屋 大須賀 白河店